考察・解説

ワールドトリガー旧メンバー考察!ブラックトリガーになったのは誰?

未だに語られる事がない「旧ボーダー」。

本作ではたった1話しか登場していませんが、現ボーダーと空閑有吾をつなぐ、唯一の鍵となります。

きっと物語の後編に謎が明かされていくのだと思いますが、現時点から注目すべき旧ボーダーメンバーや、唯一の集合写真から読み取れる事を推測してみました。

この記事は、原作(19巻)の内容を含みますので、アニメ派の方は注意して読み進めてください。

スポンサーリンク

ワールドトリガーの旧ボーダーとは

今現在あるボーダーの前身となる組織「旧ボーダー」。

作中では、単行本19巻162話で、旧ボーダーメンバーの写真が登場した時が初登場かと思われる方も多いかもしれません。

ですが実は、単行本1巻1話、一番最初に登場しているのが、「旧ボーダー」の隊員達!

「こいつら(近界人)のことは任せてほしい」
「我々(旧ボーダー)はこの日の為にずっと備えてきた」
といった言葉を残しています。

誰が誰にあてて残した言葉なのか不明ではありますが、ここからワールドトリガーの物語が始まります。

旧ボーダーのメンバーは誰?

単行本19巻162話で、旧ボーダーメンバーの写真が登場した際に、創設時代からいたメンバーが確認できます。

・城戸最高司令官
・忍田本部長
・林藤支部長
・木崎
・小南
・迅
・林藤ゆり
・現時点ではあまり描かれていない、桐山諒治
の8人です。

そして、物語で語られていた、最上宗一(現・ブラックトリガー・風刃)が写真中央にいることが分かります。

林藤ゆりによると「旧ボーダー」は、この写真にいる19人。

・現ボーダーに所属しているのが8人
・一般人に戻ったのが1人
・そして同盟国に加勢して戦った戦争により戦死してしまったのが10人
と言っていました。

半分以上の仲間を失ってしまった旧ボーダー。
この集合写真を見ると、とても悲しくなりますね。。

戦死してしまった旧ボーダーメンバー

戦死してしまったメンバーの名は、単行本19巻162話最終ページに、掲載されています。

個人のエピソードや、旧ボーダー時代の話はまだ描かれてはいません。

ですが、原作の方で写真が黒くなっているメンバーがいました。
そのメンバーが戦死してしまった10人なのではと思います。

・甲斐 学(かい まなぶ)
・最上 宗一(もがみ そういち)
・梅咲 鉄弥(うめさき てつや)
・相馬 健吾(そうま けんご)
・風間 進(かざま しん)
・平良 響(たいら ひびき)
・行方 楓(なめかた かえで)
・千尋 麟太郎(ちひろ りんたろう)
・鈴村 基紀(すずむら もとき)
・脇坂 イブキ(わきさか いぶき)

写真の中にいる気になる旧ボーダーメンバーを何人か取り上げてみます。

風間 進

林藤支部長の隣に立ち、頭をなでられている人物ですね。
A級部隊・風間蒼也の兄で、林藤支部長の弟子のような存在だったと言われています。

弟・蒼也も、三雲や空閑と絡むシーンが多く、本部との会議にも出席するなど、現ボーダーの中でも大きく関わってくる人物。
兄・進も重要人物なのかもしれません。

九條 真都

迅と見つめあっているかのように見える女性が、九條真都です。

九條は、ボーダー組織を抜けて一般人に戻ったと言われています。
いつボーダーを抜けてしまったのかは明らかにされていません。

今は、「ボーダーを抜ける際に重要機密を知っている人は記憶を消される」と言われていますが、旧ボーダーにそのようなルールがあったのかどうかも分かりません。

記憶はそのまま持ったまま、鳩原未来と一緒に近界へ失踪したという説もささやかれています。

なくなったブラックトリガーを取り戻しに行った・・?

九條が迅を見つめている理由も、迅の事が好きだったのか?
もしくは迅のサイドエフェクト未来予知を聞いて、これから起こる事を知っていたのか?
とても謎が多い人物です。

梅咲 鉄弥

最上宗一の隣にいる人物です。
現ボーダー唯一のS級隊員・天羽月彦が持つブラックトリガーの生みの親ではないか?と言われています。

確かに髪型も天羽とそっくりですね!
写真の立ち位置も、最上宗一と並び中央にいることから、旧ボーダーの中でも創設者達に近い立場や、トリオン能力・戦闘能力が高かった人物なのかもしれません。

スポンサーリンク

ブラックトリガーになった旧ボーダーメンバー

林藤ゆりによると、戦死した10人の内何人かがブラックトリガーになったと言っています。

最上宗一が迅の使う「風刃」になった事は、すでに作中でも述べられていますね。
前述のように、梅咲が天羽のブラックトリガーであれば、現時点で2人がブラックトリガーになっています。

何人がブラックトリガーになってしまったのか、どんなブラックトリガーなのか・・・全ては謎に包まれています。

10人が戦死し、2つしかブラックトリガーになれなかった・・・というのは、あまりにも残念過ぎるので、もう何人かがブラックトリガーになっているはずですよね。

となると、現時点でそのブラックトリガーが手元にないということは、そのブラックトリガーは敵国に奪われたということになります。

また、戦死したメンバーが、写真前列の幼いメンバーばかりという所もヒントかもしれません。

トリオン器官は、年齢が若いうちまでしか発達しないと言われているので、幼いメンバーの方がトリオン能力が高く、ブラックトリガーになりやすいのかもしれません。

そうすると、「風刃」と「天羽のブラックトリガー」に加えて、多くてあと5つのブラックトリガーが存在した可能性がある。

ブラックトリガーの行方・・謎は深まるばかりです。

ワールドトリガー旧メンバー考察!ブラックトリガーになったのは?まとめ

旧ボーダーメンバー、今後物語に関わっていくだろうメンバーと、ブラックトリガーになった旧ボーダーメンバーについて考察しました。

作中では全く語られる事がない旧ボーダー。
いつか「エピソードゼロ」として、一人ひとりに焦点を当ててくれたら良いな、と思っています。

スポンサーリンク