アニメ関連・感想

東京リベンジャーズ24話「A cry baby」アニメの見どころ感想!原作では何巻?

東リベ24話、ついに最終回が放送されましたね!

血のハロウィン抗争が終結し、一息休憩といった話だった前回の23話
ドラケンの生い立ちが明かされ、彼の大人っぽい一面の裏側を垣間見ることができました。

そして、驚きの事実としてマイキーとエマちゃんの関係。
さらに三ツ谷は学校生活など内容は盛りだくさんでしたね!!

最終回の今回、荒れると予想される集会ですが、いったいどうなってしまうのか?

早速 第24話「A cry baby」について語っていきましょう。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズ24話アニメ「A cry baby」の見どころ

それでは今回見どころとなる特に印象的だった部分を紹介していきます。

新・一番隊隊長

血のハロウィン抗争を終えて、総決算として開かれた集会。

マイキーの後ろには、千冬と半間が・・

芭流覇羅は傘下として東卍に吸収されることに、その影にはやはり稀咲の策略があったのです。

しかし、同時に流れを変えられた事にも変わりありませんでした。
千冬の口から思いが語られます、そこで新・一番隊隊長としてタケミチを指名するのでした。

東京卍會 幹部

タケミチが現代に戻ると、強面の男に車に乗るように促されます。
それは千堂以外の溝中メンバー。

辿り着いた部屋には懐かしい千冬の姿が・・

そして知らぬ間に東京卍會の最高幹部になっていることを知ります。

会食場には見知ったパーちんやムーチョ、ナホヤもいましたが元黒龍(ブラックドラゴン)のメンバーだという知らない顔ぶれも。

イヌピーとココ

そしてこの先の話で登場する、九井一と乾青宗が現代の時代に初登場(*ノωノ)

ここで注目されたのが「声優さん」!!

九井一(ココ)  :花江夏樹
乾青宗(イヌピー):榎木淳弥

まさかの今大人気アニメ、鬼滅の刃と呪術廻戦の主人公集合( ゚Д゚)
これにはTwitterもかなり湧いてましたよ!

続編も期待される一面でした。

じゃあな 俺の ヒーロー

12年前の血のハロウィンで場児が亡くなった事、それを仕掛けたのは自分だと稀咲に告げられます。

その事を謝りたいと告げられ、和解し酒を飲み交わす。

しかし、目覚めた時には拘束され隣には血を流した千冬の姿が。
そして、稀咲によって千冬もろとも銃で撃たれます。

引き金を引く直前、稀咲は意味深に涙を流しながらヒーローとタケミチに告げます。

東京リベンジャーズアニメ24話名言!

壱番隊の灯火をオマエが消すのか?

マイキー  「壱番隊の灯火をオマエが消すのか?」

場地の墓参り後、東卍を辞めるという千冬にマイキーがかけた言葉。

マイキーは場地の意思を千冬に継いで欲しいと考えたのでしょうか?
マイキーもああ見えて場地が誰を一番信頼していたのか知っていたのでしょう。

自分のついて行きたい奴ぁ 自分が指名する‼︎‼︎ 花垣 武道‼︎

松野 千冬  「自分のついて行きたい奴ぁ 自分が指名する‼︎‼︎ 花垣 武道‼︎」

場地さんを救おうと一緒に奮闘した相棒を指名した千冬。

千冬にとってついていきたいと思える男は場地だけでしたが、タケミチを指名してきました。

ザワっとする周りでしたが、隊長格からの信頼もあるタケミチだったからこそ指名されたのでしょう。

場地さんの想いを…東卍を頼むぞ 相棒

松野 千冬 「場地さんの想いを…東卍を頼むぞ 相棒」

現代で稀咲に拘束され、最期の言葉を告げる千冬。

場地も同じような事を最期に口にしていましたが、タケミチへの期待が毎度辛いですね。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズ24話アニメ「A cry baby」 のあらすじ感想

開かれた東京卍會の集会。

姿を現したマイキーの後ろには壱番隊副隊長の千冬、そして芭流覇羅の半間が。

血のハロウィンに勝利した東卍でしたが、半間はそのことから東卍の傘下に降ると言い出した。
一気に規模が大きくなったことで沸き立つ東卍のメンバーたち。

そこで、半間とマイキーの間を繋げてくれたとして「稀咲」が壇上へ登る。

沸き立つメンバーとは逆にタケミチは焦る。

このままでは稀咲に東卍を乗っ取られると・・

そんな中、次は千冬が前に出ます。

千冬は一度は自分が東卍を辞めようと思ったこと、その時にマイキーに言われた言葉・・

悩みに悩んだ千冬はマイキーと相談を重ねながら、壱番隊隊長にしたい奴を自分で決めた。

自分のついて行きたい奴ぁ 自分が指名する‼︎‼︎ 花垣 武道‼︎」

そう言って、タケミチを指名した千冬。

ザワつくするメンバー達でしたが、タケミチは指名された意味、自分のなすべき事の為、「よろしくお願いします!」と涙ながらに挨拶するのでした。
 
 
血のハロウィン抗争を終え、現代に戻るタケミチ。

そこは見知ったレンタルビデオ屋でしたが、今回は成功した大人のような風貌で客として訪れていた。

外に出ると、強面の男から車に乗るように促される。

ついた先には、大人になった千堂以外の溝中の仲間。

部屋には更に大勢の男達がおり、そこで初めて千冬と再開。

「何言ってんだ、東京卍會 最高幹部 花垣武道」

タケミチは12年後の世界で、東京卍會の幹部になっていたのです。

急ぐように、幹部会だと言われ高級中華料理店に。

そこにはパーちんやムーチョ、ナホヤがおり、見知った顔にほっとするタケミチ。

しかし、元黒龍なる3人の男に「古参」とバカにされ、食ってかかる東卍メンバー。

半間の口から「この中にユダ(裏切り者)がいる」と話をされる幹部。

そんな中、総長代理となった稀咲が姿を現す。

あの半間でさえ稀咲に敬語を使っており、その力関係が伺える瞬間。

稀咲はタケミチと千冬に「話があるから、時間をくれるか?」と連れ出す。

稀咲が最近作ったという飲食店に場所を移すと、稀咲は唐突に12年前の血のハロウィン抗争の話をし始めた。

「場地のことを恨んでいるだろう?確かに抗争は俺が仕組んだ。でも、死ぬとは思わなかった」

そう言ってタケミチと千冬に頭を下げた稀咲は、ずっと謝りたかったと語り始める。

そして、「この先も俺を恨め、でも 今日だけは一杯付き合えよ」そう言ってグラスを掲げ、3人で酒を煽りました。

和解した雰囲気の中、稀咲が「最後に一ついいか?」とにこやかに笑いかけた。

「さっきの場地の話、あれ ウソだ」
「オレが一虎を使って場地を殺した そして今から その続きを始める」

そう聞こえたかと思うと、視界が揺らぎ意識を失って倒れるタケミチと千冬。

気がついた時、2人とも椅子に拘束されており隣には暴行を受けたであろう千冬の姿があった。

稀咲は千冬を蹴り上げながらユダはお前らだろうと暴行を続ける。

「確かにユダ(裏切り者)はおれだ、だがタケミっちは関係ない」

その言葉に稀咲はタケミチの足に銃弾を打ち込みます。

タケミチは痛みで混乱しパニックに。

千冬は稀咲に銃口を向けられながらタケミチに最期の言葉を伝え、容赦無く頭を撃ち抜かれ絶命。

稀咲は同じくタケミチの頭にも銃口を向けます。

その泣き顔が気に入らなかったのか稀咲は声を荒げ「じゃあな オレのヒーロー」と涙を流しながら、引き金を・・

東京リベンジャーズアニメ24話は原作で何巻の何話?

今回放送の24話ですが、原作では何話だったのでしょうか?

今回の「A cry baby」ですが原作コミック第8、9巻に描かれています。

第69話「Big moment」
第70話「Tide turns」

第71話「Same old same old」
第72話「An old tale」
第73話「A cry baby」

以上、5話分の展開になりました!
 
 
毎回そうでしたが、もう先が気になって仕方がないですよね( ゚Д゚)

私も先が気になりコミックを購入した一人・・(笑)
今使っているのは「ebookjapan」!

初回ログインで12冊半額で手に入るチョーお得な電子書籍サイト♪
東京リベンジャーズの続きを読むなら、9巻から購入ですよ!

現在24巻まで出ています。

ebookjapan初回限定50%オフクーポンがお得♪入手方法と半額で12冊GETした話☆どーーしても見てるアニメの続きが気になってしまって、先が知りたい!!となることありません?! アニメで見て面白かったから、原作も読...

東京リベンジャーズ24話「A cry baby」アニメの見どころ感想!原作では何巻?まとめ

いかがでしたか?
大人気のアニメ 東京卍リベンジャーズついに最終話となりました。

タケミチのタイムリープによりかなり未来が変わって来たように思えましたが、そう簡単にはいかないようですね。

血のハロウィン抗争を変えてもなお、稀咲の悪の手から逃れることのできなかったタケミチはあのまま絶命してしまうのか?

不良漫画といえど、簡単な喧嘩話や抗争だけでなくキャラクターの個性が光る作品でした。

原作はまだまだ続くのですが、アニメでの続編2クール目の情報はありません。

多くの人が期待しているであろう第二期。

公式からの発表が楽しみですね!

ebookjapan初回限定50%オフクーポンがお得♪入手方法と半額で12冊GETした話☆どーーしても見てるアニメの続きが気になってしまって、先が知りたい!!となることありません?! アニメで見て面白かったから、原作も読...
スポンサーリンク